あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒い悪魔
最近、といってもだいぶ前、暑くなりだしてきた頃からゴキブリを家の中で見かけることが多くなった。
それも決まって同じ場面で・・・

深夜、目が覚めてトイレに行こうと電気をつけると何かが動いている気配に気付く。
しかし、多分気のせいと自分に言い聞かせ、自分の任務を全うすべくトイレへ向かうのだが、黒い悪魔はそれを邪魔するかのごとく、耳障りな音を立て、後光を振り撒き走り出す

 ┌(┌゚Д゚)┐ガサガサ

さすがに事なかれ主義で博愛心にあふれる私であってもあのような横暴を許すほどの虚栄心は持ちあわせていないので、すぐさま新聞紙をまるめ左手へ、そしてゴキジェットを右手に持ち、奴に立ち向かう。
奴は、それに気付いたのか暗い隙間へと逃げ込もうとする。それを阻止すべく私は、右手の人差指に力を込め、奴の動きを止める。
されども、奴も地球上に最初に現れた昆虫だけあって、ちょっとやそっとの攻撃では倒れない。私もここで逃がして、人類の恥じ、一気にしとめるべく人差指に力を入れ続け追いかける。

┌(┌゚Д゚)┐┌(┌゚Д゚)┐┌(┌゚Д゚)┐┌(┌゚Д゚)┐


そんな激しい攻防の末、我ら人類の叡智の詰まった文明の利器は奴を倒し、黄金の左手によって振り下ろされた一発によってフィナーレを飾る。


こんなことを毎晩やっていたのでは、寝不足で満足にトイレにもいけないので、奴に餌つきの家を買ってやることにした。
気に入ってくれればいいのだが・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidarite.blog11.fc2.com/tb.php/89-77c19d0f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。