あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリープバスター
学校が始まり目覚まし時計を使わざるをえなくなった。
以前までの時間を気にせず生きる生活が恋しく、又尊く感じる。

私は、目覚まし時計が嫌いだ。それは、私の睡眠を邪魔するからではなく、うちの目覚まし時計が本来の任務をスッポカスからだ。

うちの目覚ましはよく寝坊をする。しっかり、セットするのになぜか鳴らない。
うちの目覚ましはよく壊れる。なぜか朝になると時計がどこか遠くへ逃げ出し、急に殉死したりする。
しかも、壊れた時計の時間はいつも目覚ましをセットした時間で止まっている。

なので私は、目覚まし時計を好きにはなれないのだ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidarite.blog11.fc2.com/tb.php/6-bdcc687f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。