あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
⑩ PCケースにMB取付

ビデオカード・電源・キーボード・ディスプレイを外す。
MB付属のバックパネルを取付
MBの穴とケースの穴の位置を確認
マウントねじをケースに取付
MBとケースを取付
ネジがいっぱいあるがどれを使えばいいのやら
よくわからんが、数的に合うのを選択

あとから調べたら、
ネジはインチとミリネジがあるらしい
ネジきりの幅が異なるらしく
広いのがインチ、狭いのがミリらしい



⑪ DVD・FDD取付

DVDドライブはそのまま挿入
FDDドライブは3.5→2.5インチマウンタに装着挿入

⑫ SSD・HD取付

SSDは付属の3.5→2.5インチマウンタに装着挿入
HDドライブはそのまま挿入

⑬ ビデオカード再取付

⑭ 各種コード接続

空気の流れの邪魔にならぬ裏配線
この配線の取り回しが、
思いのほか、頭を使う
最初、何も考えずにとりあえず挿して
裏に回して挿す
ってことを繰り返してたら
手が入らず挿入できないとか、届かないとか
いう事態が発生!!
いろいろと試行錯誤した結果、
太いコードから順次、配線
次に奥の挿入しにくいものから接続
ビデオカードは最後に接続

) ビデオカードは、外す
) 太いコードの電源コードを配線
   (ディバイスには挿さない)
) FDDコード配線
) シリアルATA、FAN、ケースコード配線
) 奥まったディバイスから接続
) ビデオカード取付、接続

ってな感じでやるとうまくいく

シリアルATA接続は、
SSDはシステムデバイスとして使用するので
一番小さいPort NoにSSD接続
小さいPort NoがCドライブに自動的になるらしい
2台HDでRAID1を構築したいので
MB取説を読むと
バックアップにしたければ、Port0とPort1の
オレンジと白の所にに挿せ
的なことが書いてあるので、そこに挿す
あとのDVDドライブとケースのシリアルATAは適当

すべてのパーツが接続されているか確認
最後の〆としてコード類をきれいに束ねる

⑮ 外部コード接続

左手は、古いPCと
ディスプレイ・キーボード・マウス・スピーカーを兼用
するので、切替器を介して接続
電源プラグ接続

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidarite.blog11.fc2.com/tb.php/202-40eba66b
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。