あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原チャでは、持って帰れなかった
待望のPC具材
購入から2日後到着!!

ワクワクしながら、次の休みが来るまで眺める

・・・

なかなか休みが来ないので、
金曜に夏季休とったZ

まずは、部屋を片付けねば
部屋にあるゴミを右・左、前・後に
押しのけて
お片付け終了

① 箱を開けて付属品の確認

取説を見ながら...
どこに書いてあるんだぁ?
英語...えイゴォ...ぇぃゴ

メーカーを信じ、多分モノは揃っているはず!!

② MBを外箱に載せる

③ MBにCPU取付

いきなりのメインイベント
1366コのPinすべて折らずに取付ネバ
▲と▲の向きを合わせて、
手をプルプル震わせそっと載せる
最後にレバーを下ろす緊張の一瞬
折れてませんように

④ MBにCPUクーラー取付

CPU_FANコードの取り回しを考え
CPUクーラーをグルグル回す
最短距離でいくとコードがたるむ
ギリギリの距離でいくとコードがFanに当たる
あーだこーどやっているうちに
グリースが溶けてきた!?
イマイチだがコードがたるませる
ピンの方向を確認し、
対角のピンを同時に押し込む!!

⑤ MBにメモリー取付

MBの取説(英語)の知らないスペルは飛ばして解読
多分、DIMMA1~3に挿せばいいはず?
とりあえず、動作チェックということで1枚だけ挿す

あとから調べたら、
ASUSからDeluxe版で、P6Tとほぼ同じの
日本語マニュアルがありました
 ftp://ftp.asus.com.tw/pub/ASUS/mb/LGA1366/P6T_Deluxe/
 J4262_P6T_Deluxe_V3_manual.zipのファイル


⑥ MBにビデオカード取付

刺さりそうな所に挿す
上にも何かを挿しそうな導通(金属)部分があるんだが、
どこに挿すのか不明
とりあえず、放置

あとから調べたら、
上の金属部分はビデオカードを2つ以上使う
CrossFireとかいうのに使うらしい
ハイスペックなゲームをする方々に必要らしい
お互いのビデオカードの金属部分に同士を
ブリッジするみたいに使うらしい


⑦ 電源コード取付

なんか、いろんなコードがあるけど
とりあえず、MBとビデオカードに刺さりそうな
コードをチョイス

MBの24Pinとビデオカードの電源コードは迷わず接続
けど、もう一個MBに挿す12Vコネクターが
4pinと8pinあるんだがどっちを挿せば...
MBは、キャップを外せば8pinいけそうだし、
外さなければ、4pinでいけそう
取説(英語)では、刺さる方に挿せって書いてあるっぽい
どっちも刺さるんですが...
とりあえず、大は小を兼ねるで
8pinで

あとから調べたら、
昔は4pinだったけど、だんだんCPUの電力量が増えてきて
4pinではまかなえなくなったCPUの補助電力として
4pinがプラスされ8pinになったらしい
普通に使うCPUなら、4pinでいいらしいが
OCやTDP120W超のCPUには8pinを使った方がいいらしい
ちなみにCore i7のTDPは130W
って8pinじゃないとダメじゃん
まぁ、要するに大は小を兼ねる

参考) http://bbs.kakaku.com/bbs/05402013248/SortID=8196784/


⑧ キーボード・ディスプレイ接続

⑨ 電源投入、動作チェック

電源コード接続
MBの電源ボタンPush
う、うごいた!!
呆気にとられ
[Tab]キーを押すの忘れた

リセットボタンPush
[Tab]キー連打
な、なんかでたけど速すぎ

リセットボタンPush
[Tab]キー連打
[Pause]をPush
CPUとメモリー読み込みOK

[Delete]キーPush
Bios画面も出た
ホッと一安心

メモリー3枚にして
再度、動作チェック
問題なし

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidarite.blog11.fc2.com/tb.php/201-f72b1e90
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。