あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラッシックコンサート
冬の丸坊主はつらいです。

クラッシックコンサートに行ってきました。
知り合いから招待券をもらうことができ、去年に続き2度目のクラッシックコンサート鑑賞
日々の生活上、音楽とは縁のない生活なのでなかなか楽しませてもらいました。

音楽の良し悪しは、自分にはさっぱりわかりませんが、一瞬自分がどこにいるか忘れるぐらい聴き入ってしまってました。

コンサートが、1曲あるいは一部を終わるごとに堰を切ったかのようにどっからともなく聞こえる咳の応酬は凄かったです。風邪がはやっていることを痛感しました。

あと、気になったことは演奏者は、何故楽譜を見ているのかということです。多分、大ホールで演奏できるぐらいの方々なので凄い練習を重ねて、楽譜を見ずに指揮者のみを見て演奏できると思うのですが・・・この疑問に答えれる方、教えてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです!
では、一応音楽をやっている立場から・・・
あくまで私の意見ですが、
練習を重ねれば楽譜の内容は自然と覚えてしまいます。それでもステージ上で楽譜を見るのは、
楽譜には練習で指揮者から指示された事とかを書き込んでいたりするので、
念のためというか、「お守り」みたいなものだと思います。
プロの演奏者もそうなのかは分かりませんが(^^;)
長文失礼しました。
2005/12/08(木) 19:16:13 | URL | Atrp #ehuBx04E[ 編集]
Atrpさん、おひさしぶりです。

楽譜にメモを取ったりするんですか、初めて知りました(◎_◎) 。
私は、高校の時ドレミを音楽のできる人に書いてもらっていましたが・・・(^^;)

お守りというのも面白いですね。なにせ、何百人という人を目に演奏するのですから、緊張もするでしょうし、お守りは大切ですね(゜_゜)(。_。)!!

Atrpさん、丁寧に教えていただきありがとうございますm(_ _)m。
又、私のお馬鹿な疑問に答えてもらえるとうれしいです♪
2005/12/08(木) 21:14:45 | URL | 左手 #l.rsoaag[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidarite.blog11.fc2.com/tb.php/105-f639cc55
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。