あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクチン
今日、インフルエンザのワクチンを打ちに行きました。
今年で、3年連続打っているのでかなりベテランの域に達し、服の袖を捲り上げるのも慣れたものです。

”ワクチン”それは、ある特定の脅威に対して予防(被害を最小限に抑える)のために打たれるものであるが、それは知らず知らずうちに誰かしらに打たれている。

例えば、若い人によく打たれているのは、

”初恋は実らない”

このワクチンは、幼い少年、少女が初めての恋にやぶれたときに最も効果を表す。このワクチンが開発されていなければ、心の傷に苦しむ少年、少女達がもっと増えていたであろう。


少女が女性となった時によく打たれるのは、

”男は浮気をする生き物”

このワクチンは、女性限定のワクチンであるが、男性にもメリットがあるというか・・・男としては、女性に必ず打ってもらいたい、いや効果が出て欲しいワクチンの1つである。
このワクチンが、無ければ日本人男性の負傷者数、離婚カップルはもっと上がっていたであろう。


これの類似ワクチンで

”浮気は文化”

という、ワクチンを全国的にばら撒いた芸能人がいたが、残念ながらこのワクチンは拒絶反応患者が多数出たため販売中止となってしまった。男性女性問わずに有効なワクチンである意味画期的であったが、あまりに時代錯誤が甚だしかったため受け入れてはもらえなかったようだ。


最後に、このサイトからのワクチンをひとつ

”このブログは下らない!!”

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidarite.blog11.fc2.com/tb.php/104-faaaf603
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。