あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
one week 顎
どうも
小島やすおにココロ奪われた左手です


気分は海洋実習で頭一杯
そんな左手に一本の電話が
”ICUへ来てくれ!!”
>嫌な感じ

マッハC≡(/゚Д゚)/でICUに駆けつけると
中途半端に用意されたPCPSがAuto Primingでジュルジュルいいながら回っている
>うぉ~なんじゃこりゃ

先輩は来ないし、1人でバタバタ
かなりテンバリ\(゜ロ\) (/ロ゜)/ながらPCPS準備
何とか導入。
落ち着いたのが7時頃
>ふぅ~ε-(;-ω-`A)これで帰れるかな

そんなことを考えていたら、心外緊急オペが入るとか入らないとか
待機...待機...
>il||li orz

9時心外オペ始まる
終了3時
帰宅4時

海洋実習6時30分集合
自宅出発は最低6時

はい、オッパッピー

スポンサーサイト
久しぶりかいてみました
腹話術師で衛星中継なんかの技を披露していた人の名前をトイレで突然思い出した左手です。




やっとはじめました。

入会してから、半年ついに始動=3
学科講習とプール講習を終えました。

学科講習は、事前にやって来いといわれた宿題から問題をだされて、間違った部分を講習。
最後に試験って感じで終了
試験は、マニュアル本を見ても良かったので何とかできやした

昼食後、プールへ車移動、お盆の渋滞に巻き込まれる

プール講習の場所は、市民プールみたいなでっかい所をイメージしてたら
つれてかれたのは、普通の家。
中に入ると1階に通常の家であればリビングであるべき部分に穴が掘られて水が溜まっている。
最初に注意されたことは、プール(リビング)のドアは必ず閉めましょう。
湿気でカビが生えちゃうから
>なんだよそれ

2階で水着にお着替えてプールに集合

プールは長さ30mぐらいで、足が付きそうな部分が半分、3mに掘られた部分が半分って感じで
いくらカナヅチの左手も15mは、なんとか犬かきで泳げるのでちょっと安心。

最初は、使うものの説明やらなんやらかんやら
説明が終わるとウェットスーツとボンベ付きジャケットを着る
無茶苦茶重くて、腰が曲がったおじいちゃんみたいな格好で又説明。
>早く水に入らせてください

説明終り、入水。
海猿みたいに入るといわれたけど、海猿の入水にシーンなんて覚えちゃいない
なんか足を大きく前に出して歩くみたいに入水
思いっきり水が口の中に入ってきたけど、
とりあえず、OKサインは出しておいた
ゴホゴホ咳込みながら
>全然OKじゃないし

ついに潜水。
ダースベーダーみたいにシュコー・シュコーといわせながらゆっくり水の中へ
口だけで息するのは、慣れてないので凄く息苦しくてしんどい
口の中もカラカラになるし
こんなんで5分以上も我慢できないと思っていたけど、時間が経つと結構慣れてきて全然平気に

耳抜きは、工学の実習で高気圧酸素治療装置に入れられたのに比べたら楽勝
ダイビングスーツは、浮くので溺れる心配もなしでいい感じ

いろんなことさせられたけど、なんとかなりそうな気がしてきた

来週は、お泊りで海洋実習
飯が旨いらしい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。