あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよなら、ろはす
AM7時半起床
見た感じ晴れてるように見える。
フェリーは欠航。けど、高速船は出航予定
残念ながら、帰れる

AM8時朝食
昨日、少しリッチな宿に移ったのでバイキングスタイルでなく
旅館チックな朝食

AM9時チェックアウト
お土産の買出し
職場への土産を鬼のように買う

屋久島は鹿児島県だけあって焼酎が旨いらしい
なかでも、三岳という焼酎が有名らしい
最近、焼酎を少し嗜み始めた左手としては何とか手に入れたい

土産物屋に行くと売っているけど、高い
なので、スーパーへ
スーパーは、土産物屋の半分の値段で売ってて安い
けど、数が少ないのでない時はないらしい
幸運にも左手がいった時は三岳が入る日で三岳
(σ'∀')σゲッツ
焼酎三岳
≪三岳≫


AM10時屋久島環境文化村センター
屋久島環境文化センター

屋久島のついての歴史、文化、地形、暮らしなどを展示

観覧料¥500を払うと
縦14m横20mの馬鹿デカイスクリーンで屋久島の紹介映像が見れる。
それもナレーションは阿部寛
ダイナミックすぎて動いている映像で一点を見つめてはいけない
吐きそうなるから
それぐらい迫力は満点


PM12時高速船出航
さよなら、屋久島
さよなら、ロハス


行きもそうだが、帰りも高速船は酔わずに帰れた。
それは、たまたま体調が良かったのか
それとも、iPodから流れるレミオロメンが良かったのか
それとも、液体の酔止めが効いたのかわからないけど
液体の酔止めが効いてたのなら、屋久島で得たものはかなり大きな成果

飛行機の時間まで時間があったので鹿児島でブラブラ
鹿児島にきたら、ラーメンを食いたいと思い
本屋へ

ラーメン旨い店っていう本を立ち読み
土地勘がないのでどこの店が近いのかさっぱりわからず
店員に教えてもらい、本は買わずにラーメン屋に

ざぼんラーメン
≪ざぼんラーメン≫

スッゴイ美味しいって程ではなかったけど、そこそこ美味しかったです。

鹿児島土産を散策、時間になったので移動

PM7時飛行機離陸
帰宅



今度は、友達と
来年の5月頃に行けたらいいなぁ



あとがき
スポンサーサイト
ロハス爆走
AM8時起床
予報通り雨
台風の影響でフェリーが欠航になったらしい
明日か帰れるかなぁ

朝食
昨日と同じバイキングスタイル

AM8時半
ガイドのおっちゃんがお迎え

AM9時白谷雲水峡着

やっぱり、雨
カッパをだけ着て、持ち物は携帯、デジカメ、財布のみで行動


白谷雲水峡


しろたえの滝
≪しろたえの滝≫


くぐり杉
≪くぐり杉≫


もののけ姫の森
≪もののけの森≫

苔がほんと綺麗
シシガミが出てきそうな雰囲気満開でした

もののけ姫の森
≪もののけの森(コダマ付)≫

↑フラッシュをたいて撮るとコダマが...

もののけ姫の森を見たら、Uターン


PM1時民宿着
車を降りる時、ガイドのおっちゃんが
夜に予定していたナイトツアーは、台風が来ててあんまり楽しめないと思うから、昼飯喰ったら島内を案内してそれを代わりしないかという提案が
断る理由もなく二つ返事でOK


昼食後
ガイドのおっちゃんがワゴンからKに乗り換え登場

車に乗り込みしゅっぱ~つ

おっちゃんの島の話を聞きながら、楽しくドライビング
なんだか、天気も良くなって晴れてきた
まだ、このときはおっちゃんの凄さはわからなかった

楽しい会話を楽しんでいると永田いなか浜到着
いなか浜
≪永田いなか浜≫

ここは、ウミガメの産卵地として有名な場所
綺麗な砂浜が長~くつづいてる
そこら中にカメの殻が落ちていて、
時期的には、孵化が見れるそうだが、小亀は見つけられれず
孵化するのは大体夜らしい

再び、ドライビング
西部林道と呼ばれる屋久島唯一世界遺産登録地域で車が入れる所へ

だんだん道幅が狭くなり、道もグネグネしてくると
だんだんそれに合わせておっちゃんが。。。
いや、うすうす気付いてはいた
ちょっとせっかちのスピードを出す人だとは...
しかし、あれほどとは

狭い林道を攻める攻める
トロトロ走っている旅行客のレンタカーをみると道を譲るまで
ケツにべったり

左右に揺れる車内、張り詰める緊張感
世界遺産そんなの関係ねぇ

前に車があれば全て抜く
どかねぇ車は、クラクション、パッシング
それでもどかないとケツにべったりくっついたまま広い道にでたときすぐに追い越し
あんなに速いKに乗ったのは初めて
そして、あんなグネグネの山道で酔わなかったのも初めて


なかなか迫力のあるドライブを満喫した後、大川の滝到着
大川の滝
≪大川の滝≫

ドーと流れる滝でダムから放水したかのような迫力ある滝

再びスピード感あふれるドライブ

おじちゃんは、単なる飛ばし屋ではなく知識も豊富で尋ねた疑問にしっかり論理立てて答えてくれる

しかし、してはいけない質問がひとつある
「首折れサバは、首が折れた状態で泳いでいるのか?」
この質問や止めておいたほうがいい
馬鹿にされるから...
※ 首折れサバは屋久島の名産品の一つ。釣ってすぐ首を折って血抜きすることで鮮度を保つ。


ガジュマル
≪ガジュマル≫


島内案内も佳境に近づいた頃
おっちゃんは話してくれた
とても気になっていたことを
おっちゃんは昔、タクシー、そしてトラックと運転経験が長かったらしい。
だから、あんなに凄いドラテクと気質を兼ね備えていたようだ
残念ながら、元暴○族ではなかった

千尋の滝
≪千尋の滝≫



PM5時半、民宿到着

テレビをつけて天気をチェック
屋久島天気

かなり、近づいてきた
明日、帰れても海は荒れてそうだ


≪感想≫

白谷雲水峡は目の保養に最高の地って感じ
宮崎駿は、残念ながらあの森を表現しきれてないって感じ
誰であっても不可能だけど...

島内一周何が良かったって、
おっちゃんに会えたことが最高!!
車酔いの激しい左手があんな楽しいドライブは初めて

≪教訓≫

見知らぬ地でバックミラー越しにべったりくっついてくる車がいたら素直に道を譲る



あとがき
ロハス満喫
AM4時起床
辺りは真っ暗、雨音は聞こえないけど晴れてるかどうかも??

朝食
ご飯とお味噌汁を取り放題のある意味バイキングスタイル

AM4時半ガイドさんがお迎え
お弁当持って出発!!
車はバスの時間に間に合わすため、スッゴイスピードでとばすとばす=3

なんとか5時のシャトルバスへ
台風の影響とかなんとかで道が崩れたためここからは車ではいけず、シャトルバスに乗り換え

AM5時半 荒川登山口到着
荒川登山口
≪荒川登山口≫

↑帰りに撮ったので明るいがついた時は真っ暗

トイレや準備体操


AM6時 出発

最初は、歩きやすいトロッコ道
トロッコ道
≪トロッコ道≫


杉
≪小杉≫

樹齢1000年未満は小杉、1000年を越えると屋久杉とよばれるそうだ
スケールがでかすぎてよく分からんが、平安時代に生まれた杉がやっと最近屋久杉になれたようで、それ以降はまだ小杉
ヒトなら、紫式部が生き続けてれば屋久人、うちらはまだ小人
紫式部が生き続けていることを想像するとかなりおぞましい...感じが...


途中雨が降っては止んで晴れたり曇ったり繰り返し
その度に折畳傘を出しては畳んで...
それが、下山まで続きました...

沢
≪休憩≫


途中で休みながら、3時間...トロッコ道終了


次は、山道
山道
≪山道≫


山道って言っても、道なき道を歩くわけでもなくそこそこ歩きやすい道
逆に階段などで整備されてる場所の方がシンドイOTL 

最初の屋久杉
扇杉
≪扇杉≫


ウィルソン株
≪ウィルソン株≫

ちなみに、ウィルソンさんが植えた杉ではありません...

大王杉
≪大王杉≫

かなりインパクトのある雄大な杉


大王杉を撮り終えた後、デジカメに異変が...
赤いランプ点灯
バ、バッテリー切れ!?

借りもんのデジカメで
アホみたいに調子こいてバシャバシャ撮りすぎた!!
まだなんとか、生きてるけど
縄文杉までは温存せねば

写メに獲物変更


山道を登って、2時間後ようやく縄文杉到着

縄文杉
≪縄文杉≫

2700~3000年とかいう莫大な時間を過ごしてきた杉
ほぉ~としか言えない
言葉もない。。。

最後のエネルギーを使ってデジカメでバシャバシャ
撮っていると、次はメモリー切れ
ついに終り。

って、バッテリーはいいけど
まだ明日もあるのにメモリー切れって オイ
借り物なので、128MのSDのみ
128Mって少なくねぇ?
何枚撮れるのかも知らず撮りすぎた。


そんなこんなで
AM11時頃
縄文杉近くで昼食
運動した後の、食事は旨い
ガイドさんが、コーヒーを作ってくれてそれも体温まって美味しかったぁ

昼食を終えた頃、そこにやってきた...ストレンジャー
鹿

昼飯をせびりにきた
鹿にやるものなく、あってもやる気はないけど...
写メだけ撮って追い返してやった シッシッ


PM12時下山
同じ道を引き返す。
山を降りる方が、なんか時間を長くかんじる
降りる方が、落ちないように踏ん張るからしんどいし

もう少しで荒川登山口ってところでトロッコを見た
トロッコ

インディージョーンズとかにでてくるのを想像してたのに...
かなりのハイテクでショ~ック( ̄ロ ̄lll)

PM3時頃荒川登山口帰着

シャトルバス⇒ガイドさんの車⇒民宿着

お風呂に入ってホッコリ体を休め
デジカメからくず写真を削除(かなりブレてる...)
テレビをつけると天気予報
天気02

直撃は避けられそう。。。
けど、明日は1日中雨予報 orz

明日は、白谷雲水峡


≪感想≫

縄文杉は、凄い
けど、そこまでに行き着くまでのもの全てが、名所と呼ばれる景色ふさわしいく
それこそが、屋久島の素晴らしさ
鬱蒼とした森の中に見える光、苔、水が滴り落ちる感じ、倒木から生えた芽etc...
そのすべてが、心躍らせ、目を愉しませる
屋久島最高ッス

≪教訓≫
なんでもかんでもデジカメで写真を撮らない
自分のデジカメを買う



あとがき
いざ、ロハス
AM2時起床、荷造り開始
ネットで調べながら、必要な物品をかき集めリュックへ押し込む

2度寝

AM5時、再度起床

タク⇒地元空港⇒鹿児島空港から

高速船を乗り継ぎ

目指すは、約束の地


拡大地図を表示

屋久島へ


ひと月に35日雨が降るというだけあって
雨...

なんだか蒸し暑い

テクテクと民宿まで

それらしき場所到着するも
管理人さんがいない

鍵は開いてるが中に人がいる気配なし...

ここではないのかと周辺を歩くもやはりココっぽい

そうしていると人が現れた
だが、ココの人では無さそう
だって、背負っているリュックがデカイ

お互い答えはわかっていたが、一応...
双方が尋ねる「ココの人?」
双方答える「違いますヾノ≧∀≦)(やっぱり...)」

重い荷物を背負って、雨に濡れるのもなんなので
とりあえず、
”オジャマシマス”と小さな声をかけながら中へ

中で待っていると
再びデカイ荷物を持った人が、
そして、尋ねる「ココの人?」
答える「違いますヾノ≧∀≦)」

そんな感じで4、5組が中へ入って、少し待っては消えていった。


1時間後、ようやく
軽装のおばちゃん入~場

あえて、皆「ココの人?」とは尋ねず
おばちゃんの動きを固唾を呑んで見守る

おばちゃんはおもむろにノートをとりだし
○○さん~と声を出し、部屋を指差す
どうやら、ココの人らしい

おばちゃんは、
本島に出かけていたらしい

ようやく、部屋に案内され、
ゆっくりと休むことに


晩飯を喰って、テレビをつけ、ボー見てると
天気予報が沖縄付近で台風発生を告げました...(泣

天気01


明日は、縄文杉どうなることやら...

久しぶりかいてみました
腹話術師で衛星中継なんかの技を披露していた人の名前をトイレで突然思い出した左手です。




やっとはじめました。

入会してから、半年ついに始動=3
学科講習とプール講習を終えました。

学科講習は、事前にやって来いといわれた宿題から問題をだされて、間違った部分を講習。
最後に試験って感じで終了
試験は、マニュアル本を見ても良かったので何とかできやした

昼食後、プールへ車移動、お盆の渋滞に巻き込まれる

プール講習の場所は、市民プールみたいなでっかい所をイメージしてたら
つれてかれたのは、普通の家。
中に入ると1階に通常の家であればリビングであるべき部分に穴が掘られて水が溜まっている。
最初に注意されたことは、プール(リビング)のドアは必ず閉めましょう。
湿気でカビが生えちゃうから
>なんだよそれ

2階で水着にお着替えてプールに集合

プールは長さ30mぐらいで、足が付きそうな部分が半分、3mに掘られた部分が半分って感じで
いくらカナヅチの左手も15mは、なんとか犬かきで泳げるのでちょっと安心。

最初は、使うものの説明やらなんやらかんやら
説明が終わるとウェットスーツとボンベ付きジャケットを着る
無茶苦茶重くて、腰が曲がったおじいちゃんみたいな格好で又説明。
>早く水に入らせてください

説明終り、入水。
海猿みたいに入るといわれたけど、海猿の入水にシーンなんて覚えちゃいない
なんか足を大きく前に出して歩くみたいに入水
思いっきり水が口の中に入ってきたけど、
とりあえず、OKサインは出しておいた
ゴホゴホ咳込みながら
>全然OKじゃないし

ついに潜水。
ダースベーダーみたいにシュコー・シュコーといわせながらゆっくり水の中へ
口だけで息するのは、慣れてないので凄く息苦しくてしんどい
口の中もカラカラになるし
こんなんで5分以上も我慢できないと思っていたけど、時間が経つと結構慣れてきて全然平気に

耳抜きは、工学の実習で高気圧酸素治療装置に入れられたのに比べたら楽勝
ダイビングスーツは、浮くので溺れる心配もなしでいい感じ

いろんなことさせられたけど、なんとかなりそうな気がしてきた

来週は、お泊りで海洋実習
飯が旨いらしい

沖縄旅行 最終日
天候 くもり

08:30 起床

09:00 朝食

09:30 出発

10:00 レンタカー返車

11:00 空港着


無事事故もなく、家路に着くことができました。
天候にも恵まれて、同じ日本とは思えないくらい異国情緒があふれ、沖縄の海には感動させられ大変良かったです。
又、機会があれば沖縄に行ってみたいです。今度は、離島でダイビングなんかも挑戦してみたいです。その時は、夏の暖かい時期に行きたいと思います。沖縄があんなに寒いとは思いませんでした。

総括としては、ナビには頼らない旅行会社は大きいところに限る。

シーサーシーサーシーサーシーサー
≪シーサー≫

あとがき
沖縄旅行 3日目
天候 晴れ

08:00 起床

08:30 朝食

09:15 出発

09:30 海洋博公園着
 沖縄美ら海水族館は、凄い大きな水槽にジンベイザメやマンタがのんびりと泳いでいる姿は、圧巻でした。
浅瀬にいるナマコやヒトデなどは触ることもできて楽しかったです。
ジンベイザメ
≪ジンベイザメ≫
マナティ
≪マナティ≫


 熱帯ドリームセンターは、胡蝶蘭やカトレア等が咲き誇っていて素晴らしかったです。
個人的には、ヤンバル亜熱帯園を見た後に行くとより素晴らしさが増すのでおすすめです。
胡蝶蘭
≪胡蝶蘭≫
カトレアカトレア
≪カトレア≫
展望台
≪展望台≫
展望台
≪展望台からの景色≫



12:00 移動

12:30 今帰仁城跡着
 個人的には、首里城より歴史を感じさせられて良かったです。
女性の方へ。今帰仁城跡へいく場合、ピンヒールを履いていくのはやめましょう。見ていて、非常に怖かったです(>_<)。
今帰仁城跡
今帰仁城跡
≪今帰仁城跡≫


13:30~ 昼食を求め移動
 迷いに迷って、ガイドブックに載っていた鉄板料理屋を探しあてた所。
定休日ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
それもガイドブックに書いてあったし・・・
 再び、ガイドブックに載っていたハンバーガ屋を目指し、出発。今度は定休日も確認。
地図に乗っている地域には着いたが、見当たらずグルグルと回って探しても見当たらず、歩いて探してみると。

発見ヾ( ̄∇ ̄=ノ

けど、明らかに閉まっている。というより潰れてる
il||li ○| ̄|_ il||li
もう、昼食には遅い時間となっていたので昼食はあきらめホテルへ向かう。

17:30 ホテル着

18:00 国際通りへ
 土産物をたんまりと買いました。
チンスコー、紅芋たると、泡盛、シークァーサー、海ぶどう、チラガー、サンダーアーダキー、黒糖菓子、民芸品など

20:00 夕食
 昼に食えなかった鉄板料理をガッツリたいらげました。
ワインもいい感じで美味しかったです。

22:00 ホテル帰宅
 風呂などに入る。

23:00 なごむ

24:00 いつのまにやら就寝

沖縄旅行 2日目
天候 晴れ

08:30 起床

 眼が、重い┗(-_-;)┛

09:00 朝食
 過去の苦い経験から食いすぎないよう注意する。

09:30 出発

10:00 首里城着
 本州にある城や門などとは色彩や造りが違うことを感ずる。
又、左手の歴史認識不足を痛感
首里城

≪守礼門≫
首里城
≪首里城≫


12:00 玉陵(たまうどぅん)見学
玉陵玉陵
≪玉陵≫


13:00 名護へ向け出発
 カーナビに名護を入力。
進路は、明らかに首里城をめざし、リモコンは電池切れでぶち切れ━━━━━(#`Д´)。
カーナビの電源切る(ノ-_-)ノ ~┻━┻

14:30 万座毛着
 カーナビから縁を切った我らは、すんなりと万座毛に到着。
海のエメラルドグリーンの美しさと自然の雄大さに感動゜*。(*´Д`)。*°
やはり、日本海とは違いました。というか日本海とつながっているとは思えませんでした。
万座毛
≪万座毛≫


16:00 昼食
 昼食の場所を探し、さまよっていたら遅い昼食となりました。
昼食は、ソーキソバをいただきました。関西風のダシで食べやすかったです。

16:30 ヤンバル亜熱帯園着
 ジュラシックパークみたいな感じでした。
それ以外の感想は・・・
ヤンバル亜熱帯園
≪ヤンバル亜熱帯園≫


17:00 ナゴパイナップルパーク着
 パイナップルカーで園内を移動。なかなか大掛かりですごかったです。それにパイナップルのでき方にも驚き(゜ロ゜)パイナップルが、あんな実のつき方をしてようとは!!
パイナップルとパイナップルワインが食べ・飲み放題。けど、パイナップルは意地汚く食べ過ぎると口の中が血だらけになるので御注意を!
パイナップルパーク内に売っているパイナップルボールは、甘くて美味しかったです。家の土産にと思ったのですが、賞味期限が今日中といわれてしまい○| ̄|_
ナゴパイナップルパーク


18:30 ホテル着
 2日目のホテルも最高でした。見事なオーシャンビューで、小さいキッチン、温泉なんかも付いていて1日だけ泊まるなんてもったいなかったです。
ホテル


19:00 温泉へ
 沖縄に来て温泉に入れるとは思いませんでした。

20:00 夕食
 居酒屋で又沖縄料理を堪能
この2日で殆どの沖縄料理を食いあげました。

22:00 ホテル帰宅

22:30 再び温泉

23:00 やすらぐ

25:00 就寝

沖縄旅行 初日
天気 くもり時々小雨

14:00 沖縄着
 非常に寒い(>_<)彡彡
気温12℃。沖縄では冬の寒さらしい
いきなり、洗礼を受けました。
空港


15:00 昼食

16:00 レンタカー配車待ち
 30分以上待たされて切れそうになる (`_´メ)
天井は、見るからにアスベストだし・・・

16:30 レンタカー始動
 初カーナビに悩み、そして怒る (*´д`)??、o(`ω´*)o
一通を逆走しろとか、道のないところを左折しろとかいうし・・・

17:30 ホテル着
 カーナビと左手のドライビングテクニックのアンサンブルによって、30分で着くところが1時間かかりました。幸先かなり不安(-_-;)

 ホテルは最高でした!(●´∀`)ノ。那覇市内を一望でき、部屋はむちゃくちゃ広くて、PCが使えるサービスもあってもう言うことはなかったです。旅行は、大きな旅行会社に限ると感じました。
ホテル


20:00 夕食
 国際通りにある居酒屋で沖縄料理を堪能
旨すぎて、喰い過ぎました。
泡盛は、香りもよく美味しかったんですが、やはり強すぎて1合で頭が危険信号を発し断念。

22:00 ホテル帰宅
 風呂に入る

23:00 やすらぐ

25:00 就寝
可愛い子には旅をさせよ
来週から3泊4日で友達と沖縄旅行に行きます。

今の時期の沖縄は、泳げないのでどちらかというとシーズンオフっぽいですが、景色と食べ物、そして異文化を堪能してきたいと思います。
けど、まだ泊まる所が決まっているだけでどこへ行くかは決めてません。というか決めないままいきます。
その場の雰囲気でどこへ行くか決めるという行き当たりばったり的な旅。それが、いつもの我々の旅行スタイルなので...
もしかすると、楽しくホテルにひきこもってるかもしれません。

まぁ、天気さえ良いことを祈るだけです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。