あしあと
僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る
高村光太郎 『道程』より
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ち着かない日
起きて、今日が国家試験の結果が発表されるんだと急に思い返され突然胸がハラハラドキドキ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`) 。

2時に申請書を持ってクラスメイトと中央郵便局に合流
結果を聞くまでの間、非常に落ち着かず、足をバタバタさせながら、クラスメイトとの話も上の空(-_-)。 o ○

2時5分 友達が学校へ連絡

トゥルル・トゥルル・トゥルル・・・・

o(-ω-o)(o-ω-)oo(-ω-o)(o-ω-)o
o(-ω-o)(o-ω-)oo(-ω-o)(o-ω-)o
o(-ω-o)(o-ω-)oo(-ω-o)(o-ω-)o

ガチャ・・・

○○です。国家試験の結果を教えて下さい(友達)

はい、ハイ(友達)

・・・

ハイ、はい(友達)

ハイ、そうですかありがとうございます(友達)



クラス全員合格
ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆



何故か、聞いた時は喜ぶというよりホッとした感じでした(´ ▽`).。o♪♪ 。

すぐに、郵便局に申請書を持っていきました
ε=ε=ε=ε=ε=(o゜―゜)o


家に帰る途中急に不安に駆られはじめ、すぐパソコンを立ち上げ受験番号を自分の目で確認。
やっと落ち着くことができましたε-(;-ω-`A) 。


何はともあれ、クラス全員無事合格できて良かったです。
スポンサーサイト
卒業
二日酔いに中華バイキングは、お得感を全く感じないことがわかった左手です。


無事に卒業することができました。
飲み会で、朝まで飲んでいたのでかなりしんどいです(+_+)。


卒業式のときに先生に話してもらった中で、大変印象深く残った言葉があったので、これから自分自身が社会人としての格言又は、教訓としてここに載せたいと思います。

「不平不満は道を閉ざし、
感謝の気持ちは道を開く」


諸先輩方や患者さんに対して、いろいろと不平や不満を抱くことがあると思いますが。その中でもいつも、感謝する気持ちを忘れず頑張っていこうと思います。

2枚の紙すべてをのせて
帰りの電車でメールを打っていたら車酔いに見舞われましたが、何とか無事、帰って参りました。

前日のホテルでは、何事もなく試験に臨むことができ、ちゃんと名前と受験番号は記入してきたので不戦敗はないと思われます。

試験を受けた感想としては、
午前は検査技師にとっては結構有利な問題だったような気がしました。けど、安全は変な問題が多い感じでした。
午後は、簡単な問題と難しい問題がきっぱり分かれていたような気がしました。機械工学はまったくさっぱりわかりませんでした・゚・(ノД`)・゚・

又、試験会場の椅子が硬くて非常にお尻が痛かったです。多分、ぢの方には大変不利だったと思われます。来年受けられる方は、座布団を持っていくことをお勧めします(ぢの方はドーナツ状の奴で)。
腰も痛かったです

今年から国家試験の正式な回答が厚生労働省から出されるそうで解説集の答えで?マークの回答はなくなりそうです。

まぁ、なにはともあれ試験を無事終えられて良かったです。
採点結果は、火曜日あたりになると思いますが、それまでハラハラドキドキ心揺れ動かされながら、結果を待ちたいと思います。

(*´Д`)=3ハァ、疲れたorz
前日
臨床工学技士国家試験がもう目の前に迫ってまいりました。
これから、試験会場近くのホテルに泊まって明日の試験に備えます。

去年の臨床検査技師の国家試験では、前日にノロウィルスによる腹痛が発症して、ホテルのトイレで一人もがき苦しんでいて、試験どころではありませんでしたが、今年は明日の試験に緊張できるぐらい体調は万全です。

明日、この1年でやってきたことをすべて出し尽くせるよう頑張りたいと思いますρ(′▽`o)ノ゙ 。


ただ、1週間前に焼肉屋で生焼けの豚肉を食ったことが非常に気になっています・・・
特番が多くなってテレビがつまらなく感じ始めてきている左手です。


今日でやっとテストが終わり、今学期も終了です。
久しぶりに時計を気にせずに寝れそうです。

年が明ける前までには、レポートを書いたり、部屋を掃除したり、年賀状を書いたり、餅をついたり、鶴を折ったりとやらければならないことが、たんまり溜まっていますが来年いい年が迎えられるよう今年もうちょっと頑張りたいと思います。
テスト
今週の左手へビィーローテンション曲は”いつかのメリークリスマス”

今週から怒涛のテスト週間です。
13教科です。泣きそうですが、目が乾燥して泣くこともできません(ノД`)。
当然、24日もテストです。

サンタさん、私に時間を下さい。
膵島移植
学校に京大の移植免疫の先生が来られて講義をしていただきました。
その内容は、以前話題になった膵島移植の話でした。
多分、あまり皆さん知らない話なので聞いた話を書いてみようと思います(間違っているかも?)。

そもそも膵島移植の目的はいうと1型糖尿病患者さんの治療のために行われます。
糖尿病とは、なんらなの理由で膵臓のランゲルハンス島(膵島)β細胞から分泌されるインスリン(血糖値を下げるホルモン)が欠損、欠乏、機能低下することによって高血糖となり、様々な臓器に悪影響を及ぼす疾患です。
その中でも、1型は小児によく見られ、膵島のβ細胞が破壊され、インスリンの量が絶対的に少なくなる糖尿病でインスリン注射を生涯続けないと生命に危険が及びます(生活習慣病などでいわれている糖尿病は2型になります。)
インスリン注射は、非常にコントロールが難しく、又コントロールが出来ていても早くて5年程で合併症があらわれる場合があるためインスリン注射が1型糖尿病患者さんに対して現在の所最適な治療法とはいえません。

膵島移植までの流れ
 膵臓摘出→膵臓保存→膵島分離→膵島純化→移植
 膵島分離:消化酵素を使って分離
 膵島純化:遠心分離を使って純化

膵島移植
 膵島の移植は、臓器移植と異なり細胞を移植するので移植手術自体は、簡単に行えます。
開腹することなく門脈から点滴で膵島細胞を注入し、肝臓内に膵島細胞を生着させます。手術時間も非常に短時間で終了します。

膵島移植の特徴
 ・低侵襲(開腹することなく短時間で終了)
 ・急性拒絶反応が小さい(細胞移植のため)
 ・再移植も簡単(点滴で行えるため)
 ・膵島細胞のみを移植するため感染源になりにくい。
 ・万が一膵島細胞が機能しなくても、
  自然に吸収され安全。
 ・免疫抑制剤のステロイドを使用しない。
 ・膵島分離施設及び技術、経験が必要
 ステロイド剤を使用しないのは、ステロイドの副作用で血糖を上げる作用が働くため使用しません。そのため、ステロイドの副作用で特に若い人には気にかかる色素沈着や多毛、体重増加などの問題も起こりません。しかし、他の人の細胞を移植するため、免疫抑制剤を生涯服用する必要があります。

ドナー(膵臓を提供してくれる方)
 生体膵島移植は健常なドナー(両親や子供などの近親者)から膵臓を半分頂き、膵島を分離し移植します。
 心停止ドナー膵島移植は、死亡時臓器提供の意思を示したドナーから膵臓を頂き、膵島を分離し移植します。心停止ドナー膵島移植はまず移植希望登録をし待機し、移植の順番が回ってくるのを待ちます。

今後の課題
 ・ドナー不足
 ・免疫抑制剤の副作用
 ドナー不足は、ブタの膵臓を使った移植、ES細胞などを使った再生医療などで膵島細胞を移植できないか現在、研究・開発が試みられています。
 免疫抑制剤は、新しい副作用の少ない薬剤の開発やドナーの骨髄を移植することで免疫抑制剤を使用せずに移植できないかなど様々な研究がされています。


今後、もっと研究が進めば1型糖尿病だけでなく2型糖尿病も膵島移植で簡単に副作用が少なく治療ができる日も近いかもしれません。

膵島移植についてもっと詳しく知りたい方
 膵島移植(京都大学移植外科)

1型糖尿病研究基金へのご寄付
(1型糖尿病の発症原因の解明や治療法の確立等の研究費に用いられます。)
 特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク
就活
就職活動準備中

就職試験で一般教養を出すところがあるようなので、本を一冊購入して勉強中。

少しやってみた感想
 「さっぱりわからん」

高校の時にみたような問題もあるが、ほとんどどこかに解き方を落としてしまったようだ○| ̄|_


誰か教養の無いこんな私を拾ってくださいm(_ _)m
実習終了
金曜日に実習を終え、レポートもなんとか書き終わりましたヽ(^o^)ノ。

長かったような短かったような実習期間でしたが、実習を終えての総括としては、

百聞は一見にしかず


ですね。
この実習によって本や授業で聞いたことを実際に見ることで知るを分かるにできたことは然ることながら、長期にわたって2施設まわることで、その病院病院によってそのやり方や考え方が異なっていることが分かったことは、私にとって思いがけない収穫でした。

これから、就職活動や国試という大きな山が待ち受けていますが、この実習はその山の見地の布石になったことは確かだと思います。
心外オペ見学
昨日は、緊急のオペが入り、それを見せていただくことができました。

手術は、大動脈弁置換手術(心臓の中にあり、血液の逆流を防ぐ目的である弁を交換する手術)で、かなりすごい手術です。

やり方を、簡単に書くと
 ①胸を開く
 ②人工心肺装置(心臓と肺の代わりをする装置)を患者さんにセット
 ③少しづつ患者さんの心臓と肺の機能を人工心肺装置に移す。
 ④心臓を止めつつ(仮死状態)、完全に心臓と肺の機能を人工心肺装置に移行。
 ⑤大動脈弁置換
 ⑥患者さんの心臓の機能を復活させる。
 ⑦人工心肺装置が代替していた心臓と肺の役割を徐々に患者さんに戻す。
 ⑧閉創

かなり、簡単に書きました(怒られそうですが・・・)。多分この書き方では、この手術の難しさと緊張感は伝わらないと思いますが、こんな感じで手術は進みました。

臨床工学技士は、主に人工心肺装置と心筋保護液(心臓をとめる液)を注入する装置を操作します。

この手術での臨床工学技士の腕の見せ所は、患者さんの心臓の機能を人工心肺という機械によって患者さんに気付かれ(負担)ないように移し変えることと逆に機械で行っていた心臓の機能を患者さんに気付かれないよう戻すことです。
感じとしては、心臓を知らぬ間に寝かせて、心地よく目覚めさせるという非常に繊細な操作が求めらます。
巧みにその操作を行っている先輩の技士さんの後姿は、本当に格好良かったです。指先一つで患者さんの命を守っているのですから
臨床工学技士のやりがいと尊敬の念を再認識させられました。


見学で、驚嘆させられたのは心臓が止まるときですね
心電図で心臓の波形が、徐々に少なくなってそして、最後には一本の線になるところ(よくテレビで見るプッ・プッ・・プッ・・・ピーとかいって医師がご臨終ですとかいう場面;実際は少し違いますが)それが、見れた時は本当に驚悸しました。
患者さんは、死んでいないのにその心電図上では患者さんは死んでいるわけですから、こんな波形を見ることはめったにない(あっては困るのですが)ことなので感動しました。


昨日は、そんな濃厚な実習をさせてもらい、夜も遅くなったので技士さんの計らいで今日は休みになりました\(^o^)/。
このレーポートを書くのに一日潰れそうですが・・・orz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。